看護師が仕事を辞めたい理由TOP5

看護師 辞めたい

看護師が仕事を辞めたい理由TOP5
看護師が仕事を辞めたい理由1位は仕事の大変さです。
これはどのような仕事においても共通することですが、看護師はとにかく仕事が忙しくて大変な職場が多いです。

辞めたい理由の2位は夜勤です。
これは職場によりますが、病院などシフトとして夜勤がある職場で働きますと、どうしても生活が不規則になります。
友達と時間を合わせることも難しくなるので、これを理由に仕事を変える人は結構多いです。

3位は人間関係です。
これも全職共通の事だと言えますが、自分が働きやすい環境を見つけることがいかに難しいのかが分かります。

4位は待遇です。
看護師としてどんなキャリアを目指したいのかにもよりますが、現在の職場で働いても待遇が良くなるわけではないので、仕事を辞めたいと感じる人は多いようです。

5位は資格を取るなど勉強に時間を割く為です。
いろんな資格を持っておき、スキルを高めることで待遇を求めて転職をしやすくなりますし、実際に仕事をしてから必要と感じる資格やスキルを見つけることは珍しいことではありません。

どのような理由から看護師の仕事を辞めたいと感じても、大切な事は先の将来でどのような事を望むのかという点だと言えます。
しっかりと先を考えましょう。

新人ナース 辞めたい

看護師 辞めたい一年目の新人ナースが「もう辞めたい」と思うきっかけ5選
世の中には沢山の仕事がありそれぞれ事情は違えど辞めたいと思うときもあります。それでは慢性的な人手不足とも言われているナース業界ではどうでしょうか。

ナースと言えば誰でもなれる職業ではなく、看護師の勉強と実習を経て資格を取らないとなれない専門職です。それからすると辞めたいと思うことはないのではと考えがちですが、実はそうでもありません。特にナース一年目は今後続くかどうかの分かれ目でもあるようです。それではナースが一年目で辞めたいと思うのはどんな時でしょうか。

例えば人間関係です。こればかりはどこに行っても同じですが、この職業はストレスも溜まりやすいため先輩がイライラしているケースも珍しくありません。新人に必要以上に厳しくする先輩がいると続かないかもしれません。

想像以上に忙しいということも辞める原因の一つです。ナースの数に対して患者数が多いと常に時間に追われるようにもなり自然と残業も増えます。それに伴なって、覚えが悪い、要領が悪いという理由が挙がってきます。忙しさの中で十分に仕事を覚える時間がないにもかかわらず、そこを指摘されると精神的にも追い込まれます。

また、採血などに時間がかかるという技術的な面でも自信が持てないまま仕事に追われて注意ばかりされるということも原因の一つです。研修時代と実践では責任も変わりますので、様々なプレッシャーに負けてしまいます。

▲ページトップに戻る